各種 遺伝子検査の概要

疾病リスク遺伝子検査で、自分の体質や身体的特徴がわかる!!検査したほうが良い理由とは?

疾病リスク遺伝子検査

『自分がどんな病気にかかりやすいか?』・・・そんなことを知ってどうするの?」

・・・と考えるあなたには、是非ともこの記事を読んでいただきたいです。

そのことを知るのが、非常に大切であることを実感していただけると思います。

この記事では、疾患リスク遺伝子検査でわかること、どんな病気についてわかるのかなど、【疾患リスク遺伝子検査】についてご説明します。

疾患リスク遺伝子検査とは・・・

人は長い人生の中でいろんな病気にかかります。

生活習慣病、三大疾病、七大生活習慣病などのかかりやすさ・・・つまり発症しやすさは、遺伝子と大きな関係があるということがわかっています。

個人が持っている遺伝子のタイプと病気を発症した人のタイプが同じなら、高発症リスクと言えます。

疾患リスク遺伝子検査を行えば、どんな疾患にかかりやすいかがわかります。
遺伝的にかかりやすい病気がわかれば、あらかじめ生活を見直し、予防することができるという訳です。

検査キットで調べることができる【疾患】について

遺伝子検査キットで疾病リスクが判明する病気について、カテゴリーに分けて紹介させていただきます。

ここに挙げたのは一部です。
遺伝子検査キットによって異なるので、事前に要チェックです。

•七大生活習慣病

がん、心筋梗塞、脳卒中、2型糖尿病、高血圧、C型慢性肝炎に伴う肝硬変、慢性腎臓病

•感染症

結核、C型慢性肝炎、ノロウイルス感染、腸チフス、重度マラリア

•性別疾患

男性:男性型脱毛症、勃起不全(ED)
女性:子宮頸がん、妊娠糖尿病

•循環器系

冠動脈疾患、静脈血栓塞栓症(エコノミー症候群)、心房細動

•呼吸器系

喘息、結核、高山病

•消化器系

C型慢性肝炎、胆石、十二指腸潰瘍

•神経系

片頭痛、神経膠腫(グリオーマ)

•内分泌系

すい炎、バセドー病、甲状腺機能低下症

•泌尿器系

腎芽細胞腫(ウイルムス腫瘍)、腎臓結石(尿路結石)

•骨、関節、皮膚に関する病気

ビタミンD欠乏症、通風、関節リウマチ、アトピー性皮膚炎、白斑、ニキビ、円形脱毛症、金属アレルギー(ニッケル)

•血液・免疫系

後天性免疫不全症候群、アレルギー性鼻炎、ピーナッツアレルギー

•眼科、耳鼻咽喉科系

角膜乱視、白内障、緑内障(原発解放隅角)、加齢による難聴

疾患リスク遺伝子検査をするメリット

あなたの遺伝子を調べることによって、遺伝子が持っている、「ある病気」にかかりやすいかどうかの傾向がわかります。
「ある病気」にかかりやすいということがわかれば、日々の生活を見直し、病気予防に努めることができます。

疾病リスクは、さまざまな病気についてわかるので、家族、親族がまだかかったことがない病気も含まれます。
遺伝子検査を経て判明した結果をきっかけに、疾病予防対策を立てることができます

疾病リスク遺伝子検査キットのおススメ

私たちがおススメしている遺伝子検査キットは『ジーンライフ』です。
こちらは、遺伝子検査を専門の会社が行う検査になり、国内シェア70%を誇ります。

肥満タイプや疾患のリスクなど、約360項目を一挙に解析できる遺伝子検査キットがおススメです。

この記事のまとめ

疾患リスク遺伝子検査で調べることができる疾患の一例をリストアップしてみました。

よく聞く病名から、なじみのない病名までいろいろありましたね。
ぜひ、あなたの健康のために、疾患リスク遺伝子検査をお役立てください。