各種 遺伝子検査の概要

犬、猫を飼っている人は必見!ペット遺伝子検査を受検しなければいけない理由とは??

ペット遺伝子検査

いきなりですが、わざわざペットに遺伝子検査をさせる理由って、どんなところにあると思われますか??

飼っているペットは、家族同様に大切ではないでしょうか。

しかし、ペットが病気になった時、言葉を話せないペットはなかなか病気の原因を見つけるのが難しいです。

そんな時、【ペット遺伝子検査】が役立つのは事実です。

この記事では、ペット遺伝子検査についてまとめていきます。
「ペット遺伝子検査で何がわかるの?」「人間の遺伝子検査とどう違うの?」といった視点をもちながら、読み進めていただけましたら幸いです。

ペット遺伝子検査とは・・・

犬や猫など動物の遺伝子を調べると、彼らがかかりやすい病気について明確に判明します。
それが判明すれば、適切な対策を事前にとることができるのではないでしょうか。

犬・猫の遺伝病にはどんなものがある?

ペット遺伝子検査

犬や猫には遺伝子の変異によって起こる遺伝病(遺伝性疾患、または遺伝子疾患とも言います)があります。

遺伝子は生まれた時から受け継いでいるので、どんな遺伝病にかかりやすいかが予測できます。

には600以上の遺伝病があります。
先天的な肝臓障害から、ひきつけやてんかん発作を起こす神経疾患、免疫不全、関節・骨異常などいろいろです。

にも300以上の遺伝病があり、さまざまなリスクを負っています。

ペット遺伝子検査でわかる遺伝性疾患の種類

ペット遺伝子検査を受検することで、次のような疾患がある/なしを検査することができます。

ペットのためにも、すみやかにペット遺伝子検査を受検することをおススメします。

進行性網膜萎縮症(PRA)

:網膜が変性・委縮するため、夜盲症(やもうしょう)から、最終的には失明します。この病気は遺伝子が大きく関わっています。

セロイドリポフスチン症(CL)

細胞内で不要になったタンパク質、脂肪、糖などを壊す役割のライソゾームの遺伝的異常によって引き起こされる病気です。脂質酸化物が細胞内に異常に溜まり、神経細胞が侵されます。

遺伝性好中球減少症(TNS)

末梢血内の好中球が大きく減ったり、骨髄系細胞が過度に形成されたりすることによって引き起こされる病気です。好中球の減少は、命に係わる感染症にかかるリスクを増やします。

肥大型心筋症(HCM)

心臓の筋肉が異常に厚くなる心臓病です。猫がかかると、咳も出ずじっとしていることが多いので、なかなか気づきません。病状が進むと、起き上がれません。最終的には、のたうち回って苦しみます。

イベルメクチン感受性(MDR1)

:薬が体内に入り、吸収、分布、代謝、排泄されるプロセスに関連するMDR1(P-糖たんぱく質)をコードする遺伝子の変異によって引き起こされます。イベルメクチンを投与したときに、神経毒性の副作用を起こします。

フォンウィルブランド病(VWD)

フォンウィルブランドの異常により引き起こされる遺伝性の止血異常です。

コリー・アイ(CEA)

脈略膜に起こる遺伝性の眼疾患です。遺伝子を持っていても、一生発症しない場合や失明にいたる場合など固体による差があります。

GM1-ガングリオジドーシス(GM1)

β-ガラクトシターゼ活性の遺伝的異常によって引き起こされるライソゾーム病の一種です。

GM2-ガングリオジドーシス(GM2)

GM2ガングリオシドがライソゾーム内で分解されず蓄積されることによって引き起こされる疾患で、日本猫では、HEXB遺伝子の変異が原因であると特定されています。

ペット遺伝子検査を受検するメリット

飼っているペットの犬種別、猫腫別のかかりやすい遺伝性疾患を理解していれば、事前に生活を見直し、予防に役立てます。

ペット遺伝子検査を受けたら、検査レポートに生活改善の方法など、詳細が書かれていますから、参考にしてください。

人間同様、疾患リスクを知っていると、事前に予防の対策を打てるというのが、一番のメリットです。

ペット遺伝子検査の一押しをご紹介

格安で確かな検査を実施している『pontely』をおススメします。

一押しする理由は、プランがシンプルで受検しやすいことが挙げられます。
普通は犬種ごとに検査するべき遺伝性疾患が異なるため、注文入力方法が複雑になりがちです。
そのようなわずらわしさを回避するため、『pontely』では犬種の入力をするだけで、事前に獣医師さんと相談して定めた項目を検査してもらえるところが評価されています。

>>ペット遺伝子検査『pontely』
https://www.pontely.com/

ペット遺伝子検査のまとめ

家族の一員として迎えたペットの健康を守るというのは飼い主としての責務です。
物言わぬペットならなおさらです。
ペット遺伝子検査を受けておけば、ペットとの生活が長い間にわたり安心できます。

あなたとペットのために、今すぐにでもペット遺伝子検査は受けておくべきでしょう。